YouTube集客&YouTube動画作成におすすめの本!初心者から中級者向け

この記事を書いた人

平野
2007年に個人事業主として独立。Web・動画・DTP制作とグロースハッカーをしながら、フリーランスとして活動しています。Growth Hacker Awards2019大賞受賞。

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

このページでは、Youtubeを始めたいけど何から始めたらいいのかわからない方、すでにYoutubeは始めているけど視聴回数があげられず集客に繋げられていない方におすすめの本をご紹介しています。

ここ数年で人気のYoutubeですが、2020年はさらに利用者がアップし、インターネットが5Gになったら、さらに人気がでると予想されています。

そのため、多くの企業がYoutubeに注目をしていて、すでにYoutubeをうまく活用して売上アップに成功している会社さんも多いです。

2019年からジワジワと人気がアップしていますが、オリンピックイヤーの2020年はさらに人気が加速すると思われます。
利用者数が増えてしまって動画数も増えると注目されるのが難しいですが、2020年の今なら人気Youtubeチャンネルの仲間入りがしやすいので、なるべく早めにYotutube動画の作成方法&集客方法をマスターしておくのがおすすめです。

YouTube集客におすすめの本

YouTubeも集客方法やユーザーの気持ちを掴むテクニックが存在しています。

YouTubeを利用して売り上げをアップするなら、集客方法のテクニックは必ず必要になります。

ただ動画を作ってひたすらアップしているだけでは、チャンネル登録者や視聴回数アップはできませんので、必要最低限の集客技術は身につけておくのがおすすめです。

YouTube 成功の実践法則60

created by Rinker
¥1,738 (2020/10/22 23:59:42時点 Amazon調べ-詳細)

動画作成やYouTube初心者におすすめの1冊です。
YouTubeだけではなくて動画制作や活用方法など、動画全般が学べる人気本です。
2014年に発売された「YouTube 成功の実践法則53」の改訂版で、動画作成や活用法など基礎知識が身につきます。

YouTube動画SEO最強の教科書

created by Rinker
秀和システム
¥1,980 (2020/10/22 23:59:43時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeをにもSEO対策が必要なのをご存じですか?
YouTubeのアルゴリズムを理解してうまく実践することで、チャンネル登録者や動画再生数のアップに繋がります。
YouTubeを最短で最大に活用したい方やマーケティング担当の方ににおすすめの一冊です。

YouTube 集客の王道

created by Rinker
技術評論社
¥1,848 (2020/10/22 23:59:44時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeをビジネスで使いたい方におすすめの1冊です。
この1冊を読むだけで集客・運用・スマホでの管理などが学べるので、YouTubeは始めたけど再生回数がアップが伸び悩んでいる方に最適です。

YouTubeの基礎知識と動画作成がわかる本

ここからは、YouTube動画をこれから作ってみたい方におすすめなの本を紹介します。
日々進化が早いYouTubeや動画に関する本を選ぶ際のポイントは、発売日が新しいものを選ぶことです。

YouTube完全マニュアル

created by Rinker
¥949 (2020/10/22 23:59:44時点 Amazon調べ-詳細)

2018年6月に発売されたYouTubeの視聴方法から投稿の仕方、動画編集、収益化など、YouTube全般を網羅できるバイブル的な1冊です。
YouTubeを1から学びたい初心者の方にピッタリです。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

created by Rinker
¥2,178 (2020/10/22 23:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

2016年6月に発売されたYoutube向けの動画編集本です。
この本のポイントは誰でも手軽に始めることができるiPhoneを利用した撮影・編集・投稿の説明が分かりやすく説明されている点です。
iPhoneを利用した動画配信は、新しく撮影機材を購入したり、高価な動画編集ソフトなどを購入する必要がないので、気軽に低コストで動画配信を始めてみたい方におすすめな1冊です。

▼YouTubeの集客方法はYouTubeで無料で学べます!高額セミナーは不要▼

YouTubeの集客方法はYouTubeで無料で学べます!高額セミナーが不要な理由

2020年1月18日