サイトマップを設置する

この記事を書いた人

平野
2007年に個人事業主として独立。Web・動画・DTP制作とグロースハッカーをしながら、フリーランスとして活動しています。Growth Hacker Awards2019大賞受賞。

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

GoogleウェブマスターツールにXMLのサイトマップを登録

SEO対策の1つとしてサイトマップの設置は欠かせないです。サイトマップと呼ばれるものには、2種類あります。

1つ目は、ホームページ上にサイトマップページを設けて、ホームページにある全てのページが一覧できるページを設置します。

2つ目は、GoogleウェブマスターツールにXMLのサイトマップを登録する方法です。
XMLファイルにホームページの全てのURLを記述して、それをGoogleウェブマスターツールに登録します。

両方とも無料で誰でも簡単にできますので是非試してみてください。

ホームページにサイトマップを設置する

ホームページの中に、サイトマップというページを設けましょう。

サイトマップのページの中には、ご自分のホームページの全てのページを記述して、対象ページにリンクを貼ります。
そうする事で、ホームページが検索エンジンにクロールされた時に、サイトマップに記載されているリンク先のページを全て拾っていってくれます。

SEO対策以外にもメリットがあって、ページ数が多いホームページや複雑な作りのホームページの場合は、ホームページ上の全てのページを一覧で表示されるページがあるとユーザーにとってとても便利です。

GoogleウェブマスターツールにXMLのサイトマップを登録する

GoogleウェブマスターツールにXMLのサイトマップを登録する方法をご紹介します。

XMLを使ったサイトマップはSEOに効果的です。
XMLファイルにホームページ上のすべてのページを記述することで、Googleに知らせることができます。

Googleのウェブマスターツールを使用するのですが、使用の際にはGoogleアカウントが必要になりますので、Googleアカウントを持っていない方は、アカウントを新規作成する必要があります。
(→Googleウェブマスターツールのページはコチラ

GoogleウェブマスターツールにXMLのサイトマップを登録する場合には、まずXML形式のサイトマップを作成します。
XMLファイルが出来あがったら、ファイルをサーバーの直下にアップします。
XMLファイルのアップが出来ましたら、Googleのウェブマスターツールでサイトの追加を行いサイトマップを追加します。

自動でXML形式のサイトマップを作る方法

XML形式のサイトマップの作り方が分からない方は、自動でサイトマップを作ってくれる無料ツールを利用するのがおすすめです。

もちろん、手作業でメモ帳などにXMLを記述して、xmlという拡張子で保存して作ることもできますが、ページ数が多い場合などは大変なので、無料の自動作成ツールを使うと簡単にできます。

XML サイトマップのサンプル

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<url>
<loc>http://www.sample.com/</loc>
<lastmod>2013-11-14</lastmod>
<changefreq>daily</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.sample.com/xxx/</loc>
<lastmod>2013-11-14</lastmod>
<changefreq>weekly</changefreq>
<priority>0.5</priority>
</url>
</urlset>