日本国内で話題になった YouTubeバンパー広告TOP5【2019年版】

この記事を書いた人

平野
2007年に個人事業主として独立。Web・動画・DTP制作とグロースハッカーをしながら、フリーランスとして活動しています。Growth Hacker Awards2019大賞受賞。

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

2019年に話題になったYouTubeバンパー広告というチャンネルがあったので、トップ5を紹介したいと思います。

YouTubeのバンパー広告を作成する際のお役に立ちましたら嬉しいです。

ここではトップ5のみ紹介していますが、[JP] Japan YouTube Ads Leaderboard: 2019 Bumper EditionチャンネルでTOP10まですべてを見ることができますので、ご興味がある方はYouTubeチャンネルでご覧ください。

YouTubeバンパー広告とは?
YouTube動画広告の1つで6秒というとても短い動画広告です。
YouTube動画の最初に表示されて、ユーザーがスキップができないのが特徴です。

パピコ<毎日おいしくプラス> 優香「3つの栄養素」篇(6″)グリコ

女優の優香さんが出演されているYouTube動画なので契約などが終了したら閲覧できなくなる可能性がありますが、ご紹介させていただきました。

子供に人気の江崎グリコさんのパピコアイスのバンパー広告なのですが、パピコが体に良いことが伝わる動画になっていました。

この動画ではじめてパピコでビタミン・鉄分・カルシウムが取れることを知りました。
世の中のお母さんたちが子供のおやつにパピコを積極的に買ってくれる気がするので、うまく購入に繋げているなっと思いました。

コンソメパンダ 自己紹介篇

みんな大好きカルビーのコンソメパンチのYouTubeバンパー広告なのですが、パンダとパンチをかけているところが面白かったです。

テンポの良い音楽と可愛いイラストが動画広告を見ている感じがなくて、楽しい広告タイムでした。

動画広告は嫌いな人も多いので、こういった見ていて楽しい動画広告が増えたらユーザーにも受け入れてもらえるのかなっと思いました。

ラストカットの「サクッ!」というポテトチップスを食べている音が、「あっ!ポテトチップス食べたいな!」という気分にさせてくれていました。

サランラップ®「たぶん、クマ、よろこんでいます 6秒」篇

旭化成さんのサランラップのYouTubeバンパー広告です。

可愛いカラフルなクマさんが印象的で人気ですが、6秒という短い動画広告の中に、しっかりと分かりやすい新製品の紹介が入っているのが、動画広告を作成際の参考になります。

明るく楽しい動画にするだけでなく、短い時間内でユーザーに伝えたいことをきっちりと訴求している点が勉強になります。

サンスターGUM歯周プロケア✕パックマン〜歯周病は歯が抜ける原因〜

サンスターさんのGUM歯磨き粉のYouTubeバンパー広告です。

パックマンからはじまるのでゲームの宣伝なのかなっと思ったら、歯磨き粉の動画広告という意外性が面白かったです。

パックマンのゲームシーンを利用するのは、歯磨き粉にそんなに興味がなさそうな今の若い世代を取り込む場合にも良さそうですし、30~40代のパックマン世代は懐かしさを感じるので、とても素敵なアイデアだなっと思いました。

ラストカットではしっかりと製品名と綺麗な製品画像が表示されることで、歯磨き粉のGUMだっという認識もきちんとできて、とても参考になりました。

チョコラBBローヤル2「疲れが顔にはりついてますね~。」篇 6秒

チョコラBBさんのローヤル2のYouTubeバンパー広告です。
最初の1~2秒で「見たい!」「気になる!」と思う動画広告でした。

商品のイメージに合わせてと女性ターゲットなので、ピンク色を使用しているところが一貫性があって、ブランドイメージの大切さを感じました。

お悩み訴求系の動画広告を作る際に、とても参考になる動画広告でした。

まとめ

誰かに6秒間という短い時間で何かをしっかりと伝えたい時の参考になる動画広告ばかりでした。

動画広告を見ているユーザーに楽しんでもらえる動画を作りつつ、しっかりと伝えたいことが訴求できる動画を作れるようになると、動画広告自体の反応も良いのかなっと感じました。

これからは、YouTubeで動画広告が邪魔・嫌いと思われないような、見ているユーザーが楽しめる動画広告が作れるクリエーターが必要になってくる時代が来そうな気がします。