サイトの滞在時間を簡単に増やす方法!2020年からのおすすめ施策

この記事を書いた人

平野
2007年に個人事業主として独立。Web・動画・DTP制作とグロースハッカーをしながら、フリーランスとして活動しています。Growth Hacker Awards2019大賞受賞。

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

ここでは、WEBサイトの滞在時間を簡単に増やす方法をご紹介したいと思います。

今からご紹介する方法は特に新しいテクニックなわけではないのですが、実際に運営しているWEBサイトに同じ施策を行って滞在時間が大幅にアップしたため、実例とともに紹介することで、このページを読んでくださっている皆さんにより具体的に説明ができると思いまして記事にしました。

タイトルに「2020年からのおすすめ施策」というサブタイトルを設定したのは、2020年からWEB動画の需要がさらに高まると予想されいますので、WEBサイトにうまく動画を利用することで、 滞在時間をアップさせることができるからです。

動画を追加してサイト滞在時間を増やす

一番手間がかからなくて簡単な方法が、滞在時間をアップさせたいWEBページに動画を追加ことです。

例えば、今までのWEBサイトで何かの手順を紹介するときは、ステップや流れを画像とテキストで紹介している場合が多いと思いますが、動画でも紹介することでより分かりすい説明になりますし、動画を見てもらえると動画視聴時間分の滞在時間がアップできます。

実際に動画を追加してサイト滞在時間を増やしたWEBサイト

LOVE HARLEYというアメリカンバイクのサイトですが、テキストだけの説明だったのをを下記のようにお手入れ方法の動画を追加することで、WEBページの滞在時間が1.5倍と大幅に増えました。

ページ内に記事版と動画版を用意して滞在時間時間を増やしたWEBサイト

TASTY TIMEという食べ物を紹介しているサイトですが、WEBページに訪問ししたユーザーが記事版または動画版を選べるようになっています。

記事版と動画版はほぼ同じ内容になっていて、ユーザーのネット環境などによって好きな方で読むことができます。

記事版でサクッと記事を読みたいユーザーと動画版で細かい部分まで確認したいユーザーの両方のニーズを満たすことができるので、ユーザー満足度の高いWEBページを用意することができます。

基本的なサイトの滞在時間を増やす対策も忘れずに!

WEBページに動画を追加すればどんなサイトでも、絶対に滞在時間が伸びるということではありません。

今まで通りの基本的な滞在時間を増やす施策もしっかりとしたうえで、動画を追加することでさらにW効果が狙えます。

下記では、簡単にですが基本的なサイトの滞在時間を増やす施策をご紹介しています。
まだ基本施策を行っていない方は、基本施策+動画の追加をするのがおすすめです。

▼サイトの滞在時間を増やす方法!基礎編▼

サイトの滞在時間を増やす方法!基礎対策編

2020年1月16日